漢方内科について

漢方を通してご家族みんなの健康を守ります
風邪、頭痛、めまい、身体の痛み、しびれ、不安・不眠などの身体の不調が、なんだか良くならないな・・とずっとお悩みではありませんか?漢方内科では、「気」「血」「水」のバランスから患者さまの体調や体質を診察し、未病と言われる身体の不調を改善できるようお一人おひとりに合った治療法をご提案していきます。また、漢方治療の効果を上げるための、生活習慣や食事の改善指導なども含め、小さなお子様から高齢者の方までご家族みんなの健康を一緒に考えてまいります。ささいなお悩みでもお気軽にご相談ください。
漢方内科について

診察の流れ

問診
漢方診療の問診票を記入していただきます。当てはまる症状に丸を付けて、さらに気になる症状があれば、何でもご記入ください。
診察
ご記入いただいた問診票を元に、漢方医学的な診察法で身体の状態を診察します。

・顔、皮膚、爪、舌の色や髪の毛の様子
・声や呼吸の出方
・お腹の状態や脈の状態

※漢方では、腹診は全身状態を診察するのに非常に重要とされています。そのため、診察当日の服装は、お腹を診せていただけるような服装をお願いしております。
診察
処方
患者さま一人ひとりの体質やお悩みに合った漢方薬の処方を行います。
処方
経過観察をしながら、副作用がないかチェックしたり患者さまの症状が改善されているか見ていきます。

漢方薬は効き目が出るまで時間がかかるというイメージがありますが、急性な症状には比較的効果が早く出る漢方薬もあります。しかし、何年も患っている慢性疾患などで体質改善が必要な場合は、ゆっくり時間をかけて服用していく必要があります。

漢方が有効な症状

若年、中年、壮年期、高齢者それぞれの身体の不調、特に、原因の分からない以下のような症状や、不調が多部位にわたっている場合、西洋医学では効果的な治療を行えない場合などに、漢方治療は適応です。場合によっては、西洋薬と併用して症状を抑えていくこともあります。
体質 :のぼせ、ほてり、冷え性、しもやけ
全身 :倦怠感、疲労感
精神 :抑うつ感、精神不安、パニック、不眠症(悪夢)、動悸
感染症 :風邪、風邪に続く慢性咳、微熱、倦怠感(※細菌感染による肺炎や腹部感染症、尿路感染症は抗生剤が必須です。)
頭部 :頭痛、めまい、鼻づまり、アレルギー性鼻炎、慢性鼻炎、のどの詰まり感、耳閉感、耳鳴
腹部 :食欲不振、腹の張り、嘔気、嘔吐、反復性の腹痛、慢性下痢、便秘症
腎臓、膀胱 :頸部痛、腰痛、打撲傷、筋肉痛、関節炎、関節痛
皮膚 :かゆみ、蕁麻疹、慢性湿疹
婦人科 :月経困難症、更年期症候群(のぼせ、頭部発汗、めまい感)
赤ちゃん、小児 :夜泣き、乳幼児小児の湿疹、夜尿症、精神興奮による寝つき不良、怒りっぽさの改善、虚弱体質(食が細い、腹痛、下痢)
がん患者 :食欲不振、全身倦怠感、抗がん剤の副作用(手足のしびれ)、便秘、下痢

漢方の服用方法

漢方薬は、基本的に食前や食後の空腹時に温めて飲むのが原則です。特に、風邪薬や体を温める効果のある漢方薬はお湯に溶かして飲む方が効果が上がります。飲み忘れのない飲み方であれば、服用する時間はだいたいでも構いません。
大事なのは、続けてしっかり服用していただくことです。

服用時の注意事項

基本的に漢方薬と西洋薬は一緒に服用しても大丈夫ですが、併用しない方が良い組み合わせもあります。漢方薬の副作用は少ないですが、まれに、胃の不快感、むくみ、肝機能低下などが見られることもあります。おかしいと思ったらすぐに中止し、医師へご相談ください。