診療案内

西洋医学と東洋医学を融合させた治療
六本松漢方内科では、皆さまのさまざまな身体の不調に対し、西洋医学と東洋医学の両面から向き合い、お悩みの症状をしっかりと把握しながら改善に向かって治療を進めてまいります。対症療法が得意な西洋医学治療と、人の持っている自然治癒力を高める根本治療である東洋医学治療を融合したオーダーメイドの総合診療を提供いたします。

診療科目

一般内科

発熱、喉の痛み、咳などの風邪の諸症状から、脳卒中予防としての高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病の治療まで幅広く診療いたします。
一般内科

漢方内科

風邪、頭痛、めまい、身体の痛み、しびれ、不安・不眠などのさまざまな身体の不調を東洋医学を活用しながら診療し、患者さんやご家族の方と共に不調の改善を目指します。小さなお子様から高齢者の方まで幅広く対応しておりますので、ささいなお悩みでもお気軽にご相談ください。
漢方内科

健康診断・予防接種

当院では、各種健康診断や予防接種についても、予約制で対応しております。詳しくはスタッフまでお尋ねください。
健康診断・予防接種

初診の流れ

受付・問診
お困りの症状などを問診票にてまずは詳しくお伺いします。
受付・問診
診察
ご記入いただいた問診票を元に、医師がお話を丁寧にお聞きします。
漢方診療の場合、「望診」「聞診」「問診」「切診」の4つで行います。患者さまの、顔色や舌の色、体型、声や咳などから診察し、体のむくみやカサつきなどがないかなどを触ることで確認する診察も行います。
診察
検査
治療前に最低限の異常がないことを確認するため血液検査と検尿を、60歳以上の方、生活習慣病の方には合わせて心電図と胸部レントゲン検査を行っています。また、漢方薬でもまれに肝機能障害や電解質異常などの副作用を生じることがあるため、定期的に血液検査を行っています。
検査
処方・会計
患者さまお一人おひとりの症状と体質に合わせて、その方にとって最適な治療法を選んでご提案いたします。漢方は長く続けていくほど効果があります。その時の患者さまの状態に合わせて治療法もオーダーメイドで変えていきます。治療の効果を上げるために、生活習慣の改善や食事指導なども行っています。
また、当クリニックの漢方治療には健康保険が使えます。保険診療のなかで漢方内科としてできる最善の治療を追求していきたいと考えています。